· 

深川めしを食べに出かけました

 平成30年7月15日(日)、落語同好会「わ會」の発表会を観に行く。これがメインだったのですが、この暑さでしょう。会場に入るとエアコンの効きに、眠気を追い出すことができなかった私・・・。それで、一番盛り上がった深川めしの話を書きますね。

 

 9:00に集合 乙(女)メイトのメンバーと男性2名参加で合計10名。JRで秋葉原→都バスに乗り換えて清須白河駅で下車。清澄庭園に入り、日陰を選んで一回り。シニアは70円で入園できます。その時のショットがOさん差し入れの、みたらし団子で乾杯の写真です。

 

 11:00 会場の深川江戸資料館の場所を確認してから、手分けして店探し。間口が狭いので10人は無理かと思ったが、「3階が入れます」とうのでここに決定。「深川釜匠」にて、伝統の(あさりの風味を活かす鰹節の出汁で炊き込んだ)深川めしを注文。各テーブルに何個もラップが置かれている。これは何のため?持ち帰り用?まさかねー

いえいえ、持ち帰り用のラップだったのです。食べきれないと踏んだ、店側の配慮。では、どのくらいの量だったのか、写真でご想像ください。8名はラップにくるんで、おにぎり(2個)にして持ち帰り。ということは2名完食。

小柄なAさんとOさんだったから、皆びっくり!とっても美味しかったー、でも完食は無理。みなさんも、機会があったら完食にチャレンジしてみてください。

 

 12:30開演 途中休憩を入れて、17:00までたっぷり落語を堪能?その会場の入口に置かれた、大鵬の原寸大のパネルの前で集合写真を1枚。

 

 そして、無事に大宮に戻りました。しかし、これで終わりになりません。7名が「魚屋一丁」で反省会。お昼に作った深川めしのおにぎりを食べながら、その量の多さにまた話が盛り上がりました。(お店の方、持ち込みしてごめんなさいm(_ _)m)

 

 次回は9/1に芸大の学園祭に行ってみようと計画しています。詳細は後日お知らせしますので、お楽しみに。(石黒)

みたらし団子で乾杯
みたらし団子で乾杯
清澄庭園
清澄庭園
深川めし
深川めし
大鵬原寸大パネル
大鵬原寸大パネル