· 

JR大回り乗車で日帰り旅を楽しもう!

 先日掲載した「超格安の気まぐれ旅」の記事について、少し反響があったので「大回り乗車」についてお話ししたいと思います。「大回り乗車って違法じゃないの?」と思うかもしれませんが、JRの営業規則に基づいた適正な乗車方法なのです。これをうまく利用すれば格安の日帰り旅ができますよ。

 「大回り乗車」とは、JRの「大都市近郊区間内のみを利用する場合の運賃計算の特例」のことを言います。JRのホームページには次のとおり説明が載っています。

  • 図のそれぞれの大都市近郊区間内のみを普通乗車券または回数乗車券でご利用になる場合は、実際にご乗車になる経路にかかわらず、最も安くなる経路で計算した運賃で乗車することができます。
  • 重複しない限り乗車経路は自由に選べますが、途中下車はできません。途中で下車される場合は、実際に乗車された区間の運賃と比較して不足している場合はその差額をいただきます。
東京近郊区間
東京近郊区間

 つまり「大回り乗車」とは、最短の運賃であえて遠回りの経路を乗車することですが、このルールはおおむね次のように整理できます。

  1. 関東地方では「東京近郊区間」内に限られること。(上の図を参照)
  2. 同じ経路や同じ駅は通過できないこと。
  3. 途中下車はできないこと。
  4. 使えるのは、普通乗車券(切符)、ICカード及び回数券。
  5. 有効期間は1日限りであること(終電まで可能)。

 また、実際に利用するときの注意点は次のとおりです。

  • ICカード(Suica)よりも普通乗車券(切符)を利用した方が無難でしょう。(ICカードは改札を出るときや車内検札のときに面倒なこと。)
  • 終点の駅では乗車券を改札の駅員に渡して外へ出ます。そのとき「大回り乗車です。」と一言断るようにしましょう。(自動改札では時間制限に引っかかって外に出られない。)

 ということで、さっそくJR大回り乗車で日帰り旅にチャレンジしてみましょう。大宮駅は路線数が多いので、ここを起点又は終点にするといろんな経路の大回り計画を立てることができます。また「東京近郊区間」の図面を見ながら「乗換案内」などのスマートフォンアプリで乗換時刻を調べておくと、効率的に大回り乗車をすることができます。

 

 先日の大回り乗車では、大宮駅から仙台駅までの距離(約320キロ)に相当しますが、もう少し出発時刻を早めれば500キロ超えも不可能ではありません。(小野)