· 

行田市の「田んぼアート2017」

 2017年7月28日(金)、サイクリングがてら、ギネスで世界最大と認定された行田市の田んぼアートを見学しました。

 

 高さ50メートルの古代蓮会館の展望室からは、日本神話に登場する稲田の守護神イナダヒメノミコトと、ヤマタノオロチ伝説で知られる夫のスサノオノミコトのダイナミックな図柄が約2.8haの広大な田んぼいっぱいに出現していました。

 

 また、今年は田んぼアート10周年とのことで、南側の田んぼ(約1ha)には陸王(足袋のまち・行田を舞台にした小説)がドラマ化されることを記念して、主演・役所広司さんの似顔絵も見ることができました。(小野)

世界最大の田んぼアート2017
世界最大の田んぼアート2017
「陸王」の主演・役所広司さん
「陸王」の主演・役所広司さん