第24回史跡巡りA 9月実施計画《蔵の街栃木》のご案内

 各班長さんは参加人数を7月19日(水)の研修日にお知らせください。また、入館料800円を当日の朝集金するので各班でまとめてください。

第24回『史跡巡りA』9月実施計画書

《蔵の街 栃木》

担当B班

 

 江戸時代より例幣使街道の宿場町として、また舟運で栄えた問屋町で北関東の商都と呼ばれ、街道の両側には黒塗りの重厚な白壁の土蔵群が残る、当時の繁栄ぶりを偲ばせている街です。

  1. 実施日:平成29年9月27日(水)小雨決行
  2. 集 合:8時50分 大宮駅9番線10両編成最前部(東大宮寄)
  3. コースとスケジュール
    9時06分発宇都宮行乗車⇒9時34分栗橋3番線着(乗換) 9時40分発東武日光線乗車⇒10時13分栃木
    (栗橋の乗換時間は6分なのでトイレに行く方は注意)
  4. 午前の部
    10時30分栃木駅出発⇒巴波川遊歩道15分⇒①塚田歴史伝説館(入館60分)⇒10分 山車会館・蔵の街美術館前で昼食解散(昼食はフリーにします。観光マップを参考にしてください。)
  5. 午後の部
    13時30分山車会館前に再集合⇒2分②横山郷土館に入館、入館後は自由見学・解散とします。(当日は座敷にお茶が用意されています)
  6. 入館料:①600円②200円 計800円
  7. 帰りのご案内

    栃木発14:41⇒15:16栗橋着・発15:24⇒大宮着15:52

    栃木発15:11⇒15:42栗橋着・発15:51⇒大宮着16:20

    栃木発15:41⇒16:12栗橋着・発16:30⇒大宮着16:58

【史跡案内】 

  • 塚田歴史伝説館(団体料金600円)
    江戸時代後期から木材回漕問屋を営んできた豪商で、巴波川沿いにある120mほどの黒塀が特徴です。白壁の土蔵の姿が巴波川の水面に写る風景は栃木の代表的な景色としてテレビで幾度も紹介されています。歴代が集めた家宝の展示、からくり人形山車、数寄屋造りの離れと庭園、人形ロボットの蔵芝居を楽しんでください。
  • 横山郷土館(団体料金200円)
    間口7間のどっしりした切妻屋根の店舗と左右対称に建つ石蔵が豪商を物語っています。店舗の右半分が麻問屋、左半分が銀行で帳場が再現されています。庭園奥の洋館を含めて文化庁の有形文化財になっています。

【解散後の参考史跡】

  • 山車会館(500円)
    2年に1度開催のとちぎ秋祭りがデジタル技術を駆使した演出と実物の山車3台で再現され、祭りの迫力と山車の素晴らしさを満喫することができます。
  • 蔵の街美術館(300円)
    山車会館に隣接していて、200年前に建てられた土蔵3棟「通称おたすけ蔵」を改修し美術館として甦らせた建物
  • とちぎ歌麿館(無料)
    浮世絵師北川歌麿と栃木市の縁を中心とした文化情報を発信するために、狂歌や浮世絵などを展示する蔵を活かしたまちなか美術館です。
  • 蔵の街観光館(無料)
    荒物・麻問屋の店舗、母屋、付属屋、土蔵群を利用した土産屋・食事処のある観光館