史跡めぐり(B)クラブ

 JRなどの公共交通機関を使って、日帰りでいろいろな史跡や名所を訪ねています。

フーテンの寅さんゆかりの地 柴又を巡る

 第20回の史跡めぐり(B)は、7月12日にうだるような暑にも関わらず15名の参加で、フーテンの寅さんゆかりの地「柴又」を巡ってきました。

柴又駅の改札を出ると、「寅さん」と「さくら」の像が迎えてくれます。駅前からは柴又名物の草団子屋や川魚料理屋、土産物屋が軒をつらねている参道が帝釈天まで約200m続いている。昼食はどこで食べようかを考えながら帝釈天の山門に向かいました。

「さくらの像」の前で全員集合
「さくらの像」の前で全員集合
帝釈天山門
帝釈天山門

 帝釈天は「題経寺」と言う日蓮宗の寺で、山門や本堂などの周囲に彫られた彫刻が有名です。午前中は題経寺の「彫刻ギャラリーと庭園」を見ました。

彩色は施されていませんが彫刻の緻密さや数の多さに圧倒されます。また庭園も良く手入れがされており綺麗でした。

本堂回廊の彫刻
本堂回廊の彫刻
庭園を見ながら一休み
庭園を見ながら一休み

 昼食は参道沿いの食事処で取り、名物の川魚料理屋で鰻を食べるグループもありました。

午後は猛暑でもあり矢切りの渡し等は次回とし、建物内で見られる「寅さん記念館」と「山田洋次ミュージアム」のみの見学としました。

 記念館は映画で見る団子屋「とらや」の店内や隣接する印刷工場の一部が再現され、また柴又の寅さんシリーズのポスターや各回のマドンナの写真などが展示されており、映画を見た当時のことを思い出しながら懐かしく見学しました。

 ミュージアムはこれまで山田洋次監督が携わった映画のポスターや当時のフイルムを使用した映写機などが展示されており、最新の「家族はつらいよ」のポスターも掲示されています。

 

 今回は強い日差しの猛暑の中、熱中症に注意しながらの史跡めぐりとなり、高齢者には厳しい気象条件でしたが、幸いにもトラブルもなく無事終えることができました。

史跡巡りB班 9月6日「世田谷線でぶらり寺社散歩」のご案内

 史跡巡りB班第21回は「世田谷線でぶらり寺社散歩」として世田谷の寺社を巡る歴史探訪プラス「古賀政男音楽博物館」見学です。皆様のご参加をお待ちしております。

担当:第1グループ

 

  1. 日  時:平成29年9月6日(水曜日)
    午前8時45分集合(時間厳守)
  2. 集合場所:大宮駅南口構内「花屋」前(途中乗車の方はご連絡下さい)
  3. 行  程:右のとおり
  4. 費  用:
  • ①交通費 1,720円
    往路:大宮⇒新宿⇒下高井戸      618円
    世田谷線散策キップ:         330円
    復路:豪徳寺⇒代々木上原⇒新宿⇒大宮 772円
  • ②古賀政男音楽博物館         540円
  • ③昼食代(ボロ市通りにて各自お取り下さい)

(注)

  • 行程は変更する場合があります。
  • 悪天候が予想される場合は、連絡網にて中止連絡(小雨決行)

 

【行程】

  • 9:01 「大宮駅」発(埼京線:22番線)⇒(新宿駅乗換:京王線)⇒「下高井戸駅」⇒(世田谷線)⇒「宮の坂駅」(10:30頃)
    《各所への移動は徒歩2~10分です》
    ◎『世田谷八幡宮』⇒『豪徳寺』⇒『世田谷城址公園』⇒『世田谷代官屋敷・世田谷郷土博物館』
  • 12:20頃 昼食(ボロ市通りにて各自)⇒世田谷線で「松陰神社前駅」へ
    ◎『松陰神社』
  • 14:10頃「松陰神社前駅」⇒(山下駅乗換:小田急線)⇒代々木上原駅
    ◎『古賀政男音楽博物館』
  • 15:30頃「代々木上原駅」⇒(新宿駅乗換:埼京線・湘南新宿ライン)⇒
  • 16:30頃「大宮駅」着:解散

史跡めぐりB班「明治丸とガスの科学館」

 2017年6月8日(木)、雨が心配される中、お昼に少々降られただけでしたが、男性6人女性8人の14人で見学してきましたのでご紹介します。

 

 まず午前中は明治丸です。

 明治丸は、東京駅からJR京葉線に乗って二つ目の駅の越中島駅で降りたすぐの所の東京海洋大学の敷地内に展示してあります。

明治丸は、燈台巡回業務用として明治7年に竣工した鉄船です。およそ20年間燈台巡回船として活躍し、明治29年からは係留練習船として昭和20年まで海の若人を育ててきました。昭和53年に唯一隻の鉄船であるため造船技術を伝える貴重な遺産として国の重要文化財に指定されました。平成25年に大規模修復工事が行われ、平成27年3月に竣工しております。


 

 午後はガスの科学館です。

 ガスの科学館は、江東区豊洲にあります。もともとは、昭和61年に東京ガス株式会社の設立100周年を記念して旧「ガスの科学館」が設立されました。そして来館者の増加に伴って平成18年に豊洲内で場所を移し今の「がすてなーに  ガスの科学館」となりました。言うまでもなくガスの科学館は、ガスの役割や特徴を紹介する体験・参加型の科学館です。館内は1階、2階、屋上で7つのゾーン(発見、理解、体験、学習、実感、触れ合う、楽しむ)で構成されております。多くのスタッフがおり、案内・説明をしてくれ、ゲーム感覚で、触って、実験コーナーもあり小学生向きでまさに学習の場となっております。お孫さんに喜ばれるのでは。予約なしの無料で入館できます。


第20回史跡めぐりB「ふうてんの寅さんゆかりの地、柴又を巡るルート」の御案内

第20回 史跡めぐりの御案内

担当:第2グループ

 

 第20回史跡めぐりは、「ふうてんの寅さん」ゆかりの地、柴又を巡るルートを計画しました。皆様のご参加をお待ちしております。

 

  1. 日 時:平成29年7月12日(水) 午前8時50分集合(時間厳守)
  2. 集合場所:大宮駅「豆の木」又は構内「花屋」前
  3. 費 用:約2,600円(往復交通費、入館料)
  4. 行 程
    JR大宮駅から日暮里で京成線に乗換、京成高砂駅で乗換柴又駅へ
  • 寅さん、さくらの銅像を見ながら参道を歩き帝釈天題経寺へ
  • 帝釈天題経寺で境内の彫刻ギャラリー、回廊式庭園を見学
  • ≪ 昼食 ≫ 参道沿いの食事処での自由昼食
  • 帝釈天題経寺前に集合し矢切りの渡しへ
  • 山本亭で大正末期から昭和初期に建てられた和洋折衷の建物と純和風の庭園を見学
  • 寅さん記念館・山田洋次ミュージアムの見学    

  ◎寅さん記念館入場後「現地解散」の予定  

史跡めぐりB「明治丸とガスの科学館」のご案内

  1. 期  日 平成29年6月8日(木)
  2. 集合時間 8時45分
  3. 集合場所 大宮駅構内 花屋前
  4. 弁当持参 ガスの科学館内で昼食
  5. 交通費 約1380円
  6. 参加人数は各グループ代表で確認して下さい。

 

 

【行程】

  •   9:04 発大宮駅6番線 JR高崎線上野東京ライン小田原行⇒9:37着東京駅9番線 
  •   9:53 発東京駅京葉3番線 JR京葉線・新習志野行⇒9:58着 越中島駅
  • 10:00 東京海洋大学内明治丸と百周年記念資料館(約1時間30分)ガイド付き
  • 11:57 バス/都営バス(東京海上大学越中島校舎前⇒豊洲駅前) 12:09着
  • 12:20 ガスの科学館
  • 12:45 ガスの科学館内で昼食
  • 13:15 館内で展示室・設備見学(ガイド付き約1時間・30分自由) 
  • 14:45 見学終了
  • 15:11 豊洲駅発 東京メトロ有楽町線4番線(保谷行)15:38着池袋駅4番線⇒
  • 15:56 池袋駅3番線発 JR湘南新宿ライン快速・籠原行⇒16:20着大宮駅

史跡巡りB班 江戸に思いを馳せる「芝の今昔物語」(4.26)

 第18回の史跡巡りは4月26日に17名が参加し、港区観光協会の「芝の今昔物語」と銘打った特別コースを巡ってきました。

 

 雨の予報が、巡った神社仏閣に祈りが通じたのか、時折薄日も射す、まずまずの天気。

 

 JR浜松町駅隣接の「貿易センタービル」で港区観光ガイド2名の方と落ち合い、イヤホン付きのガイドで旗をなびかせながら最初の訪問地「芝大神宮」に向かいました。

 

 「芝大神宮」は「関東のお伊勢さま」として尊称される由緒あるお社。3大祭り(だらだら祭り、半鐘祭、貯金祭)などの説明を受けお参り。

 

 次はメイン訪問地の「増上寺」。将軍家の菩提寺で浄土宗七大本山の一つ。同寺南北のホテル、東京タワー(一部)は将軍家墓所の址。芝公園も昔は境内でその広さが伺えます。「大門」で地域の由来の説明を聞き、三解脱門(東京オリンピックに向け改修中)から増上寺境内に入りました。全体の説明を受けたのち、本殿、安国殿そして徳川将軍家墓所(ここは有料。ガイドの説明は一段と熱が入ります)を見学。

 

 そして、改修なったプリンスホテルを横切り「愛宕グルーンヒルズ」、「青松寺」(現在の駒沢大学の前身)を通り愛宕山のホテルで昼食。(とても良かったですが、料理がなかなかでない方がいました)

 

 昼食後は、各人、急勾配の石段、女坂、エレベーターを選択し、愛宕神社へ。「愛宕神社」の石段は出世の石段とも呼ばれ、年頭はサラリーマンで賑わいます。曲木平九郎の故事や桜田門外の変などの話を聞きながら、西郷隆盛も立った区内で最も高い境内から当時は房総半島まで見渡せた江戸を偲ぶ。

 

 ここでガイドとお別れ。最後は神社に隣接する「NHK放送博物館」。ニュースのキャスターを実践したメンバーもいました。楽しくて時間が足らなかったでようです。

 

 愛宕山からはバスで東京駅を経由し、帰路へ。楽しい史跡巡りの一日でした。お疲れさま。

 次回は6月8日、元気でお会いしましょう。(記:榎本)

芝大神宮
芝大神宮
芝大門
芝大門
増上寺本殿
増上寺本殿
愛宕神社
愛宕神社

城下町川越の歴史と町並を巡る

 第17回の史跡めぐりは、3月8日に15名の参加で城下町川越を巡ってきました。川越駅からバスで市役所前まで行き、そこから徒歩で途中の「中の門堀跡」を見ながら最初の目的地「川越城本丸御殿」に向かいました。

 

 川越城本丸御殿は、川越城唯一の遺構で玄関、広間、家老詰所などがあり、特に大きな破風屋根のある玄関には大名御殿の威容を感じさせられました。

 

 次の目的地は徒歩5分程の所にある「市立博物館」です。博物館では館員から川越城の歴史、規模について、川越の蔵造りは明治時代の大火で類焼を防ぐことに優れていることが解り発達したことなどの説明を受けました。

 

 午後の目的地は、蔵造りの町並を見ながら老舗の醤油蔵に向かいました。途中、観光名所ともなっている菓子横丁に寄り道をしました。暖かな陽気でもあり、観光客も多く見られました。若い人の多いことも驚きです。

 

 お店を見ながら蔵造りの町並に向かいます。川越の代表的な観光名所で、重厚な蔵の並びは見ごたえもあり、観光客の多さも納得です。途中、有名な時の鐘を見ながら「醤油蔵」へ向かいました。

 

 醤油蔵では醤油の製造方法などの説明を聞き180年前の蔵で昔ながらの木桶で醤油を製造しておりました。蔵には蔵付きカビがあり、醤油製造では大事なカビとのことです。

 

 今回の史跡めぐりは天候にも恵まれ、暖かい春の日差しもあり、お土産を買うお店も随所にあるなど楽しい1日となりました。

本丸御殿玄関
本丸御殿玄関
蔵造りの町並
蔵造りの町並
時の鐘
時の鐘

史跡巡りB班 4月26日「江戸歴史探訪・港区芝の今昔物語」のご案内

 史跡巡りB班 第18回は「江戸歴史探訪・港区芝の今昔物語」として港区の名所をガイドと巡る歴史探訪です。

 

  1. 日  時:4月26日(水曜日)午前8時45分集合(時間厳守)
  2. 集合場所:大宮駅「豆の木」又は南口構内「花屋」前(途中乗車の方はご連絡下さい)
  3. 行  程:右のとおり
  4. 費  用:
    ①交通費、拝観料 1,816円(スイカ利用)
    ・交通費  JR:往路 大宮⇒浜松町 550円 復路 東京⇒大宮 550円、バス:慈恵会医大前⇒東京駅216円
    ・増上寺 500円(将軍家墓所拝観券)
    ②昼食代 各自1,440円~1,740円

(注)悪天候が予想される場合は、連絡網にて中止連絡(小雨決行)

 

                 担当:第1グループ

行 程

  • 9:00 大宮駅発(京浜東北線)→ 9:55 浜松町駅(徒歩10分)→芝大神宮【ここから愛宕山まで港区観光ボランティアガイド(イヤホン解説付)にお願いします】
  • 10:15~ 芝大神宮 ⇒ 増上寺(三解脱門・大殿・安国殿・徳川将軍家墓所など)
  • 11:30頃~ 増上寺発 ⇒ 御成門 ⇒ 愛宕グルーンヒルズ ⇒ 青松寺 ⇒
  • 12:20頃 昼食:新橋愛宕山東急REIホテル レストラン シャングリア
  • 13:30 愛宕山・愛宕神社
  • 13:45 NHK放送博物館
  • 14:45頃 同所(慈恵会医大前)より東急バスにて東京駅丸の内南口へ
  • 15:30頃 東京駅 →(上野東京ライン)→ 16:00頃 大宮駅:解散 

史跡めぐりB「3月の川越巡り案(2017/03/08) 詳細は2月の交流会にて」

 第17回史跡めぐりは川越城本丸御殿、博物館、蔵造り通り、醤油蔵などを巡るルートを計画しました。既にご覧になった方も多いかと思いますが、皆様のご参加をお待ちしております。

  • 日  時 : 平成29年3月8日(水) 午前9時00分集合(時間厳守)
  • 集合場所 : 大宮駅「豆の木」又は構内「花屋」前
  • 費  用 : 約2,800円  往復交通費、入館料、昼食代等

川越城本丸御殿は1848年に造営され、現存しているのは玄関・大広間・家老詰所のみですが、江戸時代17万石の川越城唯一の遺構となっています。

市立博物館は旧川越城の二の丸跡に建っており、川越が繁栄した江戸時代から明治時代を中心に、川越の歴史が理解できるような展示となっています。

蔵造りの街並みは火事からの類焼を防ぐための耐火建築で、江戸の町屋形式として発達したものです。

醤油蔵は蔵の町並みのそばに位置する醸ん楽座(かもんらくざ)にて、老舗の醤油蔵などを見学する予定です。

江戸東京博物館、相撲博物館などを巡りました    史跡巡りクラブB班

 2017年1月26日(木)天気に恵まれ穏やかな日に、男7人、女7人で史跡巡りクラブは両国にある江戸東京博物館に行きました。当日は1階では特別展戦国時代が開催されており、武将の絵巻や刀、兜等が展示されておりました。

 

 5階、6階ではテレビでおなじみの常設展で、江戸の建物、住居、生活様式等の展示、明治から昭和にかけての展示物等がありました。小学生や外国の団体客でにぎわっていました。正に江戸と東京の歴史や文化を伝える博物館でした。両国の駅前で皆さんと食事をした後は、国技館の博物館での見学で、何人か力士とも出会いました。(中村)