史跡めぐりA

史跡めぐりA · 2018/07/21
7月18日(水)大宮駅西口の網元三代目「魚鮮水産」で暑気払いを開催しました。 今年の夏は異常気象で「命にかかわる危険な暑さ」。この日は、岐阜県多治見市40.7度の猛暑、熊谷市でも37度と絶好(?)の暑気払いとなり、総勢22名が参加しました。

史跡めぐりA · 2018/07/15
皇居の主な参観どころ 係員さんの案内で、以下を参観 ・窓明館 ・富士見櫓 ・宮内庁 ・宮殿・長和殿・宮殿東庭 ・正門鉄橋=二重橋・伏見櫓・正門石橋=めがね橋ほかを参観 ☆身分証明書をご持参ください。

史跡めぐりA · 2018/07/11
 鎌倉時代から120年余にわたる古河公方時代を経て、江戸時代には徳川譜代大名の城下町であった古河は、日光奥州街道の要地として、代々小笠原・松平・奥平・永井・土井・堀田・本多などといった、老中格の大名が城主となり、栄えた町でもあります。今もなお、公方ゆかりの寺社や江戸時代からの貴重な文化財などが市内のあちこちにあり、往時を偲ばせます。

史跡めぐりA · 2018/06/10
実施日 平成30年6月6日(水)小雨 参加者24名 前日までの真夏のような日差しが一変!明け方からの小雨である。□ 湯島聖堂 御茶ノ水の聖橋を渡ったところの西門まで改札からわずか3分、最初の目的地湯島聖堂だ。教育熱心な5代将軍綱吉が設置した学問所である。雨に濡れた石の階段を下りていくと都会の喧騒を忘れてしまいそうな静寂の世界に入り込んだ。樹木豊富な都会のオアシスである。

史跡めぐりA · 2018/05/16
猛暑を乗り切るために、下記の通り暑気払いを開催いたしたく存じます。皆様のご参加をお待ちしております。(幹事 A班)記  日時:平成30年7月18日(水)午後5時から 場所:「魚鮮(うおせん)水産大宮西口店」 電話657-2777 さいたま市大宮区桜木町1-5-5 ホームリイ5ビルB1F(大宮駅西口→そごうへ向かい左側) 会費:4,000円(飲み放題込み全8品)

史跡めぐりA · 2018/05/14
1 実施日:平成30年5月10日(木曜日):曇り 参加者:14名 2 概要 A班の実施日は雨の日が多い。雨男か・雨女か、雨だけは降らないように。願いが叶い今日は曇り空、気温が低いが、まずは一安心。【横須賀軍港めぐり】11時に出航しました。横須賀港は、今から約160年前に米国ペリー艦隊の黒船が上陸して以来、海軍港として発展し、

史跡めぐりA · 2018/04/26
実施日:平成30年6月6日(水) 集合場所・時間:8時50分大宮駅1番線上野寄り3両目 巡る史跡 1 湯島聖堂(史跡) 犬公方で有名な5代将軍徳川綱吉が儒学振興のために開いた学問所です。2 神田明神(登録有形文化財) 正式名称は神田神社、江戸城の鬼門の方向にあり東京の総鎮守です。

史跡めぐりA · 2018/04/19
迎賓館赤坂離宮(前庭、本館、主庭) 明治24年東宮御所として建設された、日本唯一のネオ・バロック様式による宮殿建築物で、第2次世界大戦の後、10数年を経て国の迎賓施設へと大規模な改修を施し、和風別館の新設と合わせて昭和49年に現在の迎賓館としての歩みを始めたそうです。

史跡めぐりA · 2018/04/01
 筑波宇宙センターは筑波研究学園都市の一画にあり、1972(昭和47)年に開設された日本で最大規模の宇宙航空開発施設です。平成30年3月29日(木)晴天の下 参加者9名で8時5分に大宮駅を出発し、私鉄とバスを乗り継いで目的地「筑波航空宇宙センター」に到着したのは11時少し前でした。

史跡めぐりA · 2018/03/11
五月の史跡めぐりは今人気の観光スポット「YOKOSUKA軍港めぐり」にご案内します。軍艦といえば男性に人気なのですが、今では女性の乗客が多く、テレビニュースでも話題になっています。何故、人気なのかというと案内人の話術がすごくて、面白くて、飽きさせないらしい。海上自衛隊と米海軍の艦船を見て聞いて、横須賀港の歴史を知る一日コースになります。

さらに表示する