古代蓮と世界最大の田んぼアート

古代蓮の里(行田市)
古代蓮の里(行田市)

 7月12日(火)、サイクリングがてら行田市(埼玉県)の古代蓮と世界最大の田んぼアートを見学しました。
 ここ「古代蓮の里」では、偶然に自然発芽した1400~3000年前の蓮(行田蓮)など42種類の花蓮が見頃を迎えていました。最適な鑑賞時間は朝7時~9時で、午後になると美しい花は見ることができないそうです。


 その後、高さ50メートルの展望台から眼下に広がるギネス認定の世界最大田んぼアートを見学。今年のテーマは、誕生30周年を迎えた「ドラゴンクエスト」でした。面積28,000㎡の田んぼに9種類の稲を使った表現が見事です。

(小野)