史跡めぐり(A)クラブ

第18回史跡めぐりA班報告「関東の名刹 平林寺に行ってきました。」

新座駅より野火止用水路を散策しながら平林寺へ

 

 11月30日、晴天に恵まれ参加者25名が新座駅から平林寺までの3km弱の野火止用水路の沿道を、用水路が果たした役割や歴史を話しながら散策する皆さんです。

 

(参加者の声・声・声)

  • 現在のような測量機器もなく重機もない江戸時代に、生活用水、灌漑用水を何としてもこの野火止にとの一念から幾多の困難を乗り越えて、24キロもの用水を完成させた当時の方々に、ただただ頭の下がる思いでした(X.Xさん)。
  • 太古の昔から人は水を手にいれやすい川辺や水辺に暮らしはじめました。人口の増加とともに水を確保するために、先人は用水路の開削に苦心、苦労されたそうです。今回の史跡めぐりで、水の大切さと水の確保の大変さを再認識させられました。(S.Yさん)。

平林寺及び平林寺境内を見学

 

 650年の歴史を誇る関東の名刹平林寺や13万坪にも及ぶ境内をガイドさんの案内で見学しました。風格ある建物やもみじ山一面真っ赤に燃える紅葉に魅せられました。

 

(参加者の声・声・声)

  • 先人の願いと情熱、献身に触れ、学びながら境内、美しい紅葉のなか史跡の仲間とともに語らいながら散策する幸せを強く感じた1日でした。いつまでも、史跡巡りをつづけるつもりです(Y.Kさん)。
  • ボランテアガイドさんの案内のもと、皆さんと楽しみながら平林寺境内散策、紅葉は少し前の降雪で色あせたとは言え、赤、黄、緑、微妙な色合を彩る頭上の紅葉は見応があり素晴らしかった。とても良い史跡めぐりの一日でした(M.Oさん)。
  • 平林寺境内は、燃えるように真っ赤な紅葉で今も目に焼き付いています。広い自然の中には野鳥も多くカワセミ、アオサギも野火止用水のお魚を食べに来るそうです。武蔵野の面影もあり穴場で~す(Y.Yさん)。
第18回史跡めぐりの参加者一同で記念の一枚
もみじ山は、見事な紅葉でした!!

史跡クラブA班 第18回史跡めぐり 担当第4班(S.Y)

平林寺散策の後は新座名物「にんじんうどん」

 2016年11月30日(水)、史跡めぐりAクラブは武蔵野の面影が残る新座市(埼玉県)の野火止用水と平林寺めぐりを行いました。

 

 きれいに色づいた平林寺境内を散策後、4班7名は同境内で昼食を取る予定でしたが、10℃ほどの外気温で足元が冷えてきたため、急遽、ここからほど近い新座市役所地下食堂の「にんじんうどん」に変更。新座市は、県内で所沢市に次ぐニンジンの出荷量を誇る産地なのだとか(そういえば野火止用水を散策中もニンジン畑を見かけました。)。それで考案されたのが、小麦粉にニンジンを練りこんで作った「新座名物にんじんうどん」という訳ですね。しばらく待って出来上がったうどんは、淡いオレンジ色をしていてあっさりとした味わいでした。

 

 昼食後、同市役所8階ラウンジから眼下に広がる平林寺境内の赤や黄色に色づいた林は見応えがありました。午後から曇り空になりましたが、遠くにはかすかに富士山や秩父、群馬の山々も望むことができました。(小野)

平林寺境内の紅葉
平林寺境内の紅葉
新座名物「にんじんうどん」
新座名物「にんじんうどん」
果たしてお味は??
果たしてお味は??
ラウンジから望む平林寺境内
ラウンジから望む平林寺境内

第18回史跡めぐりA「平林寺を巡る歴史探訪と野火止用水路散策」実施計画

第18回史跡めぐりAのご案内です。巡り処は、関東の名刹で紅葉の名所「平林寺を巡る歴史探訪野火止用水路散策」です。

担当4班

  1. 実施日 平成28年11月30日(水曜日)小雨決行      
  2. 巡り処 関東の名刹で紅葉の名所“平林寺を巡る歴史探訪”と“野火止用水路散策”です。
  3. 集合場所・時間 大宮駅 9時00分20番線(埼京線)の6号車停止位置に集合してください。
  4. スケジュール 右のとおり
  5. 費 用
    ・交通費 電車、バス代は、都度各自でお支払をお願いします。
    ・平林寺拝観料500円、当日集金させて頂きます。
  6. その他 昼 食、飲み物、休息用シートをご持参下さい。
    ・歩きやすい靴

☆平林寺発のバスの時刻(復路) 

  • 新座駅行き 13:24  13:30  15:04  15:46
  • 朝霞台駅行き 13:09  13:34  14:09  14:54  15:00   15:39 

(参考)平林寺・野火止用水【埼玉県公式観光動画】

 スケジュール

  • 9時16分 大宮駅発(埼京線快速)6号車に乗車
     ↓
  • 9時22分 武蔵浦和駅下車⇒武蔵野線の2番ホームに移動
  • 9時29分 武蔵浦和駅発の3号車に乗車
     ↓
  • 9時39分 新座駅で下車 南口に出る。
    新座駅前より野火止用水路を散策しながら平林寺へ
    新座駅前から平林寺まで2.9キロの整備された平坦な野火止緑道・遊歩道をゆっくり1時間20分ほど時間をかけて平林寺まで散策していただきます。
    ☆歩くのが無理と思う方は、バスを利用してもらいますので4班の吉田敏までお申し出ください。
  • 11時00分 平林寺及び平林寺境内を見学(ガイドさんの案内で)
    650年の歴史を誇る関東の名刹平林寺や13万坪にも及ぶ平林寺境内をガイドさんの案内で見学いたします。広大な境内には、モミジの木が多く秋から初冬にかけては、境内一面真っ赤に燃える紅葉は秀逸です。
    ☆見頃は11月20日頃から12月10日頃で、この間は毎日3,000人の人出が見込まれています。
  • 13時00分 平林寺境内で解散
    解散後それぞれ昼食を取っていただきますが、境内で紅葉を観ながら食事することも出来ます。
    ☆皆さんから昼食(うどん)の注文を取りましたが、紅葉の見ごろ期は20名を超える団体予約は賜っていませんと断られました。申し訳ありませんが各自ご持参下さいますようお願いします。
     ☆昼食後「睡足軒の森」を見学希望の方はご案内します。場所は、平林寺のすぐ前です。

平林寺周辺地図

第17回史跡めぐりA「高麗郡1300年・高句麗の文化を伝えた渡来人の記憶をたどる」(2016/10/05)のご案内

 史跡めぐり(A)クラブの10月実施計画のご案内です。それぞれの班長は参加者数を9月30日(金)までに3班山﨑さんまでご連絡ください。

「高麗郡1300年・高句麗の文化を伝えた渡来人の記憶をたどる」

担当 第3班

 

  1. 実施日:平成28年10月5日(水)雨天順延(10月15日実施)
  2. 集合場所:9時00分 JR大宮駅埼京線21番線日進方面より
  3. めぐり先
    ①高麗神社(1300年の歴史を持つ古社)
    ②高麗家住宅
    (高麗家の神職より高麗神社・高麗家歴史の講義)
    ③聖天院(重厚な山門が厳かな雰囲気)
    ④巾着田(高麗川畦に100万本の曼殊沙華)
  4. 行程 右のとおり
  5. 費用
    聖天院拝観料 300円(団体割引30名以上)2割引

  6. その他

    昼食飲み物持参・休憩用シート・歩きやすい靴

(行程)

  • 09:17 大宮駅JR埼京線通勤快速・川越行に乗車
  • 09:40 川越駅着(乗り換え)
  • 09:42 JR川越線・八王子行に乗車
  • 10:03 高麗川駅着(下車)
    高麗神社に移動(徒歩40分)
  • 11:00~12:30 高麗神社・高麗家住宅
    (社頭講義30分)&昼食 
    昼食後、聖天院に移動(徒歩10分)
  • 12:40~13:10 聖天院
    拝観後、巾着田に移動(徒歩40分)
  • 14:00 巾着田入場後解散し、自由散策行動

<参考>

※巾着田発高麗川駅行バス時刻

    14:10 15:10 15:10 15:40 16:10

※JR高麗川駅発川越行時刻

    15:26 15:56 16:28 16:56


史跡めぐりA班の9月実施計画(2016/09/20)

日本銀行
日本銀行

 お金のことをもっと知ろう

  1. 開催日:平成28年9月20日(火)雨天決行
  2. 集合場所・時間:大宮駅1・2番線最前部(さいたま新都心寄り) 9時30分
  3. スケジュール
  •  9:36~10:35 大宮駅発9:36→神田駅着10:21→(徒歩約15分)→日本銀行着10:35頃 (雨天の場合は、上野駅から銀座線「三越前駅」にルート変更)
  • 11:00~12:00 日本銀行見学(ビデオ20分+見学)
  • 12:00~12:15 お土産タイム
  • 12:20~14:00 フリータイム(各班ごとに近傍にて昼食・自由散策)
  • 14:00~ 貨幣博物館入口集合、見学(ビデオ20分+見学)、各班ごとに自由見学
(注意事項)
 日本銀行見学には、本人確認のため、免許証、健康保険証等の公的な身分証明書を持参してください(忘れた場合には見学ができません。)。
 また、住所、氏名の事前登録が必要なので、各班ごとに所定の「参加者名簿」に記入のうえ7月20日(水)に提出してください。
担当 史跡めぐりA第2班